検索
Close this search box.

2009年CWAJ奨学生のキューレーションによる注目の展覧会が米国、ワシントンDCで開催

ワシントンDCのスミソニアン博物館サックラー・ギャラリーにて、3月25日から9月10日まで「靉嘔:愉快な虹の地獄」展が開催されます。この展覧会は、2009年のCWAJ奨学生で、現在スミソニアン国立アジア美術館のアシスタント・キュレーターをつとめるキット・ブルックス(Kit Brooks)が企画しました。

「虹のアーティスト」として世界的に知られる靉嘔氏は、永年にわたって CWAJ現代版画展にもご協力いただいています。同氏の作品は今秋の第66回CWAJ現代版画展(10月18~22日)でも展示・販売されます。

期間中にワシントンにいらっしゃる方は、ぜひお楽しみください!

Exhibi美術館ウェブサイト(英語):  https://asia.si.edu/exhibition/ay-os-happy-rainbow-hell/

日本語版プレスリリース

Share