奨学生の声

2017CWAJ海外留学大学院女子奨学金 廣瀬 匠子

留学先:コロンビア大学ティーチャーズカレッジ 組織・リーダーシップ学科 修士課程

“おかげさまで2019年5月にコロンビア大学の修士課程、社会的組織心理学プログラムを無事に終え、卒業できた喜びをお伝えしたく連絡させていただきます。この2年間は当初の予想をはるかに超える試練の連続で、限界に挑戦しながら自分を奮い立たせる日々でしたが大きな収穫を得ることができました。CWAJ奨学金に支えられて、海外での学問探求と貴重な体験の機会をいただき、心から感謝しています。”

2016CWAJ海外留学大学院女子奨学金 佐々本尚子

留学先:ハーバード大学T.H. Chan 公衆衛生大学院 修士課程

“CWAJ奨学金の支援により上記の修士課程で学び、貴重なスキルと経験を得ることができ、有能な女性が次世代のリーダーとして学ぶ姿に衝撃を受けました。我が国でもさらに多くの女性が海外で高度な学問に挑み貴重な経験を積んで、女性リーダーとして活躍してほしいと切に望みます。CWAJ奨学金は日本女性に海外で高度な学問に挑み貴重な経験を奨励する制度です。ありがとうございました!”

2015年度CWAJ外国人留学生大学院女子奨学金 サマタ・タムラカラ(ネパール連邦民主共和国)

専攻:脳神経外科学、大阪市立大学大学院医学研究科 博士課程

“CWAJのように女性のリーダーシップ育成に特化した団体は他にはありません。多くの女性がCWAJ奨学金で、それぞれの分野でのパイオニアとなって活躍することができています。会員の皆さんから受けた温かい励ましを受け、CWAJとともに歩むことのできたこの1年は、私の人生の中のほんとうに貴重で忘れることのできない1年となりました。このような素晴らしいご支援に心より感謝しています。私のような留学生が自分の夢を実現できているのは、CWAJのような団体のおかげです。”

2012CWAJ外国人留学生大学院女子奨学金 イヴォンヌ・チョンド(ケニヤ共和国)

専攻:創薬科学、金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 修士課程

“私の可能性を信じて、修士課程で学ぶ機会を与えてくれたことに感謝します。CWAJ奨学金のおかげで、一年目に予定したすべての学びを習得し、卒業への旅路に向けてよいスタートが切れました。私が社会貢献できるようになった際は、CWAJと多くの女性を支援して恩返ししたいと思います。”

2012 CWAJ岡靖秀記念視覚障害学生奨学金 守井 清吾 

専攻:生命融合科学教育部生体情報システム科学、富山大学大学院 博士課程 

“CWAJの奨学生として選出いただき、大きな励みになりました。障害者は何もできずに気の毒だと思われている昨今、私にとっては大きな心の支えとなりモチベーションが上がりました。金銭的な基盤に支えられて、学業や研究活動に安心して取り組み、自分のノウハウを更に磨くことができました。今後もこの活動を続けて、後輩たちが伸び伸びと自分の能力を発揮できるようにと切に望みます。またわれわれ奨学生OBもこのような任務の一端を担っていきたいと思います。“

2012-2013福島被災学生奨学金 秋山彩子

専攻:福島県立医科大学看護学部

“福島第一原発事故の被災後、大学に残るべきか、勉強よりも子どもの健康を優先すべきではないのかと悩まない日はありませんでした。しかし、CWAJより奨学金を頂くことができ、福島県の学生を応援してくれる方々がおられることを知りました。大学を辞めることは簡単ですが、辞めた後におそらく後悔したと思います。奨学金を得たことで、放射線への不安はあるけれども、看護師の資格取得へ向けての意欲を高めて頂くことができ、とても感謝しております。”

1970年度渡航生   猪口孝 

東京大学名誉教授(政治学) 前新潟県立大学学長

“上智大学の助手になって一年足らずの頃、アメリカのマサチューセッツ工科大学大学から奨学金をいただく機会に恵まれましたが、渡航費用がない。CWAJは当時、支給の対象が女性に限られていました。「女じゃないけど、いいですか?」と頼み込むと、運よく予算に空きがあり男の私も支援を受けることができたのです。帰国後40年間、ごく少額ですがここへの寄付は毎年忘れません。”



Home | 奨学金の給付 | 海外留学大学院女子奨学金 | 外国人留学生大学院女子奨学金 | 視覚障害学生海外留学奨学金 | 視覚障害学生国内奨学金 | 今年度奨学生 | 奨学生一覧